2007年02月24日

積み木の森で子供について

積み木の森で遊ぶ子ども

木のおもちゃ積み木の森」を運営している家族には8歳、2歳、11ヶ月の三姉妹9がいます。長女、次女共に、僕が手伝い始めから、すぐになついてくれてました(僕の勘違いでなければ)。
しかし、幼い三女は中々なついてくれず、僕も若干苦手意識を持っていました。しかし、あきらめず、おもちゃ片手に笑顔で接していくうちに、段々と慣れてくれたのか、最近では笑顔を見せてくれるようになりました。

教育関係の学校に行ってる人や、凄く年の離れた兄弟がいる人以外では中々小さな子供に触れる機会はないと思います。そんな中で、普通の大学に通う僕が子供の成長を間近で見られるのは、本当にいい機会だと思ってます。
というわけで、証拠の写真を載せますw 三女のかこちゃんMicki社の新幹線。
posted by Lil-kid at 13:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

個人的にドラム

riku.jpg私、若干22歳なのですが、もう子供がいる同級生がいます。先日、その同級生の子が1歳になったでの、誕生日プレゼントを持っていきました。ここは、「木のおもちゃ 積み木の森」での知識を活かしどころです。休日、自転車を走らせ、つみきのもり館長と相談し、プラントーイ社の「ソリッドドラム」を購入。2940円也。飲み会を一回我慢すればいいくらいの金額。これで子供が大いに笑って、遊んでくれるなら全然安いです。私の肝臓にもいいし、一石二鳥。
 さて、いざ、プレゼントを渡そうと、友人宅訪問したのは、所用があって深夜11時頃になってしまいました。かろうじて、起きてはいたものの、オネムな様子。それでも太鼓を叩いてあげると、にんまり。最初は遊び方がわかってなかった様子でしたが、徐々に叩くことをはじめるではないですか。子供の学習能力に驚嘆。しかし、やはり、ドラムを叩くより、バチを口に入れて、ガジガジ咬むほうがお好きみたい。それもそれで歯固めになるので、いとおかし。噛んでよし、叩いてよしなので、プラントーイのソリッドドラム、お勧めです。私が「太鼓判」押します。
posted by Lil-kid at 14:04| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

大繁盛、積木の森

みんなno画像.jpg

お昼休みを終え、商品撮影の仕事をしていると、続々とお客様が。去年の10月にオープンした「木のおもちゃ 積み木の森」だが、宣伝をあまりしていない上に、場所も住宅地の中にぽつんとあるので、寂しい日々があったりなかったりだったので、嬉しい悲鳴でした。結局、ピーク時は8組のお客様が木のおもちゃをエンジョイしてました。

その光景を見て思ったのが、「子供の人数が増えると遊び方も変わる」ということです。たとえば、レール遊びにしても、一人だと作って、適当に列車や車を走らせて終わりですが、他にお友達がいると「役(e.g.車掌と乗客)」を作ったりして、会話が増えたりします。共同して何かを作ったり、物を貸し借りするやり取りも見えます。

何かの本で「社会生活の基礎は砂場で覚える」みたいな事を見たことがあります。言い得て妙ですな。ちなみに、子供だけではなく、お母さんも「生活の便利情報」を交換しているようで、楽しんでいるように見えましたw これからも積み木遊びに来てくれるといいなあ
posted by Lil-kid at 14:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

プラントーイのプルトイ君達

プラントーイ プルトイ

今日、タイの「プラントーイ」社の車のおもちゃについて書いたけど、ついでに、更なるお勧めをご紹介。「ダンシングアリゲーター(わに)」、「スネイル(かたつむり)」、「スネーク(蛇)」の「プルトイ」三兄弟である。これは各オモチャに紐が付いており、ひっぱって遊ぶもの。とにかく、見た目がかわいいし、動きもおもしろい!!大人のほうが引き込まれる。歩ける子供は「お散歩!!」といって、どこまでも引いて歩くし、這い這いしたての子供はおもちゃを引っ張ってあげると、どこまでも追いかけてくる。長く遊べるおもちゃですな。

 というわけで、三兄弟の中でも、僕のお勧め、「スネーク」君の動く様子を見てみましょう。
posted by Lil-kid at 14:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレイルームとしての「積み木の森」

拳君と清正さん.jpg
「積木の森」は店頭でのおもちゃを販売するだけではなく、そのおもちゃの良さを実感してもらうために、プレイルームも兼ねている。朝十時から午後五時まで300円で遊び放題。今の時期は寒いし、何より最近は何かと物騒である。子供が安心して遊べる場所の確保が昔より難しくなった気がする。そんな社会にあって、こうやって、自分が「安全な遊び場」の手伝いをできているのは、喜ばしいことだ。
 さてさて、今日はそんな「積木の森」にお客様が来てくれた。僕がお世話になっている居酒屋さんのオーナーご家族。僕の地道な営業活動のお陰だ(ただ、飲んだくれてるわけじゃない!)。 一歳半の拳(けん)君は、特にタイの「プラントーイ」社の車のオモチャが気に入ったらしく、「ピーポピーポ(救急車の事)」といいながら、お父さんと楽しそうに遊んでました。 「積木の森」には、スウェーデンの「MICKI(ミッキー)」社、前述のタイの「プラントーイ」社のレールが30m分あります。車のおもちゃも大きなカラーケース一杯に入っており、初めて来る子供たちはみんな、びっくり&喜びます。なかなか、普通の家でこの数のおもちゃも、それで遊ぶスペースもないですからね。僕が子供だったら、そらーテンション上がっただろうなあ。子供の頃は、「大きい」とか、「たくさん」といった事が、何につけても重要だった気がするから。それが男の子の好きな乗り物のおもちゃだったら、尚の事だ。子供の頃は何であんなに乗り物が好きだったのか。今では、車の免許さえ持ってないのにw
posted by Lil-kid at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

naef社(ネフ社)のネフスピール 

nehusu.jpg今日は、木のおもちゃ「積み木の森」で目を引く存在である(僕にとって)、neaf社のネフスピールというオモチャについて、語ろう。まず、「こんな形の積み木を見たことがない」というのが、率直な感想だった。積木といえば、立方体、直方体、正三角形などの算数の教科書で見られるような“一般的”な図形が思い浮かぶが、画像を見るとわかる通り、王冠のような、何ともいえない形をしている。形が変わっているので、既成概念にとらわれることなく、子供たちは無限にパターンを作り出す。それは大人が見ていてもおもしろい。
また、形のおもしろさもさることながら、色も素敵やん。緑、黄、赤、青のビビットカラーの積み木なんて、見たことあります?素敵やん。しかも、プラスティックではないので、安っぽくないし、どことなくやさしい感じがする。子どもが使い終わったら、インテリアとしても素敵やん。と、まあ途中から島田紳助みたいになってしまったが、仕方ない、ネフスピール、素敵やもん。
posted by Lil-kid at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

積み木の森での発見 木のおもちゃとの出会い

「積み木の森」で手伝いを始めて、約二ヶ月。最初は馴染みが全然なかった木のオモチャ達にも慣れてきて、お客さんに説明もできる様になって来た。そして、その良さを知れば知るほどに、「自分が子供のとき、こんなおもちゃに囲まれていたら、どんなに幸せだったろうか。脳が発達しまくって、東大合格だったろうに」と、ありえない妄想をしてしまう。
というわけで、これからはどんどん、木のおもちゃの良さや、自分が驚いた点について書いていこうと思う。
posted by Lil-kid at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

つみきの森からこんにちは

はじめまして。僕は都内某大学に通う、大学生です。今現在、就職活動中で、世の中の厳しさを実感し始めている今日この頃、少しでも心に余裕をと思い、ボランティアをさせてもらっている、木のおもちゃ屋兼プレイルーム「つみ木の森」での様子を徒然なるままにつづろうと思います。珍しいおもちゃや、かわいい子供に囲まれ、癒されてます。優香を超える癒しですね。古いかな?
posted by Lil-kid at 14:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。