2007年02月03日

naef社(ネフ社)のネフスピール 

nehusu.jpg今日は、木のおもちゃ「積み木の森」で目を引く存在である(僕にとって)、neaf社のネフスピールというオモチャについて、語ろう。まず、「こんな形の積み木を見たことがない」というのが、率直な感想だった。積木といえば、立方体、直方体、正三角形などの算数の教科書で見られるような“一般的”な図形が思い浮かぶが、画像を見るとわかる通り、王冠のような、何ともいえない形をしている。形が変わっているので、既成概念にとらわれることなく、子供たちは無限にパターンを作り出す。それは大人が見ていてもおもしろい。
また、形のおもしろさもさることながら、色も素敵やん。緑、黄、赤、青のビビットカラーの積み木なんて、見たことあります?素敵やん。しかも、プラスティックではないので、安っぽくないし、どことなくやさしい感じがする。子どもが使い終わったら、インテリアとしても素敵やん。と、まあ途中から島田紳助みたいになってしまったが、仕方ない、ネフスピール、素敵やもん。
posted by Lil-kid at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32719354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。