2007年02月03日

naef社(ネフ社)のネフスピール 

nehusu.jpg今日は、木のおもちゃ「積み木の森」で目を引く存在である(僕にとって)、neaf社のネフスピールというオモチャについて、語ろう。まず、「こんな形の積み木を見たことがない」というのが、率直な感想だった。積木といえば、立方体、直方体、正三角形などの算数の教科書で見られるような“一般的”な図形が思い浮かぶが、画像を見るとわかる通り、王冠のような、何ともいえない形をしている。形が変わっているので、既成概念にとらわれることなく、子供たちは無限にパターンを作り出す。それは大人が見ていてもおもしろい。
また、形のおもしろさもさることながら、色も素敵やん。緑、黄、赤、青のビビットカラーの積み木なんて、見たことあります?素敵やん。しかも、プラスティックではないので、安っぽくないし、どことなくやさしい感じがする。子どもが使い終わったら、インテリアとしても素敵やん。と、まあ途中から島田紳助みたいになってしまったが、仕方ない、ネフスピール、素敵やもん。
posted by Lil-kid at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

積み木の森での発見 木のおもちゃとの出会い

「積み木の森」で手伝いを始めて、約二ヶ月。最初は馴染みが全然なかった木のオモチャ達にも慣れてきて、お客さんに説明もできる様になって来た。そして、その良さを知れば知るほどに、「自分が子供のとき、こんなおもちゃに囲まれていたら、どんなに幸せだったろうか。脳が発達しまくって、東大合格だったろうに」と、ありえない妄想をしてしまう。
というわけで、これからはどんどん、木のおもちゃの良さや、自分が驚いた点について書いていこうと思う。
posted by Lil-kid at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

つみきの森からこんにちは

はじめまして。僕は都内某大学に通う、大学生です。今現在、就職活動中で、世の中の厳しさを実感し始めている今日この頃、少しでも心に余裕をと思い、ボランティアをさせてもらっている、木のおもちゃ屋兼プレイルーム「つみ木の森」での様子を徒然なるままにつづろうと思います。珍しいおもちゃや、かわいい子供に囲まれ、癒されてます。優香を超える癒しですね。古いかな?
posted by Lil-kid at 14:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。